タグ別アーカイブ: passenger

AsakusaSatelliteをPassengerで動かしてみる。

この記事は2011/3に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

AsakusaSatelliteをまだ個人的な試用中ですが、期待ageしつつ実験してみました。

AsakusaSatellite は、開発者向けのリアルタイムチャットアプリケーションです。開発者間のコミュニケーション品質を向上し、ソフトウェア開発にリズムをもたらします

AsakusaSatelliteのページを参考にしつつ、Passengerで動くように設定していきます。

Passenger自体はredmine用に入れていたのを利用したので下記資料には書いていません。

また、筆者はruby環境についてはあまり詳しくないので、その辺を考慮に入れておいてください。


$ cd /vaw/www
$ git clone git://github.com/codefirst/AsakusaSatellite.git
$ cd AsakusaSatellite
$ cp config/filter.yml.example config/filter.yml
$ cp config/websocket.yml.example config/websocket.yml
$ cp config/settings.yml.example config/settings.yml
$ vi config/filter.yml
   1 - name: auto_link
   2 - name: redmine_ticket_link
   3   roots: 
   4   project: 
   5 - name: twitter_link
   6 - name: code_highlight_filter

$ vi config/websocket.yml
  1 roots: 0.0.0.0/satellite # AsakusaSatelliteのPassengerでマッピングするURL
  2 websocketPort: 18081
  3 httpPort: 18080
  4 use_rails_ssl: false

$ bundle install --path vendor/bundle
$ rake groonga:migrate RAILS_ENV=production
$ sudo chown -R apache:apache AsakusaSatellite

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

   #   ServerName_
      DocumentRoot /var/www/html
      RailsBaseURI /redmine
      RailsBaseURI /satellite
      ErrorLog /var/log/httpd/error.log
      CustomLog /var/log/httpd/access.log combined

         AllowOverride all
         Options -MultiViews

$ ln -s /var/www/AsakusaSatellite/public/ /var/www/html/satellite
$ sudo service httpd restart
$ ruby websocket/server.rb &