タグ別アーカイブ: 地震速報

1/17の記憶

この記事は2012/1に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

意識では忘れていた1月17日。例年の事だが16日〜17日には体調を崩してしまう。それは今年も同じだった。17年前の1月17日、小学生の頃だ。普段は起きても来ない早朝に大きな揺れが襲ってきた。

阪神淡路大震災と呼ばれるようになる大地震、兵庫県南部地震

幸いにも家族の中には人的被害は無かったのだが、意識がはっきりするにつれて恐怖を感じた覚えがある。

20インチ後半のブラウン管TVが両親の近くに落下し、その上に大きなタンスが倒れこむ。運良くテレビとタンスの間になり怪我も無かった両親の寝室や、兄弟同部屋にあった小さなタンスが倒れてガラスが散乱していたり、外壁の一部が床と離れて数センチの隙間があき、3階から地面を見える形になっていたり。

タンスとテレビを戻してつけたTVには横倒しになった高速道路の映像が流され、次々と死傷者の数が増えて行くのを目の当たりにした。

当時通っていた学校での被害者は一人と、神戸市灘区などの被害が大きかった地域に比べればマシという状況ではあったが、同じ学年の子が亡くなったというのも衝撃だった。特に仲が良いという訳でもなかったが、記憶に残っている。

その後、ライフラインの復旧の目処も立たず、震災後の対応で忙しい父親を残して母親の実家へと避難をしていた。

一時転校という形で避難先の小学校にお世話になりつつ数ヶ月の間の避難の後に西宮に戻ったが、ライフラインは復旧しつつもあちこちに爪痕が残る状態だった。

その後は大きな地震も無く、徐々にではあったが街並みが変わっていく様子を見ながら生活を送っていった。

そして去年あたりに完全復興の宣言が出されて一区切りがついた所である。

この経験があるからか、毎年1月17日頃には体調を崩してしまう。昨年までは「あぁ、そろそろ17日か」という意識もあるせいで体調を崩しているのかと考えていたが、今年に限っては東日本大震災の記憶が新しく失念していた。

しかし、例年のように体調を崩してしまった。記憶が薄くとも身体は覚えているということだろうか。

2007年。Twitterを知って始めたころ、ちょうど地震の研究を行う研究所に派遣で働いていた(事業仕分けで働いていた場所が本家に統合されて無くなってしまったのが少しばかり悲しい所)。

そこではまだ緊急地震速報が一般運用が本格的にされる前だったが、一台のモニタに日本地図が描かれており、そこに地震発生時に震源が表示されていた。それに感化されたと共にTwitterの速報性やAPIに可能性を見た私は@earthquake_jpの開発を始めた。

これも元々被災者という事と、その際に情報がTV・ラジオのみしか情報源がない事に不安を感じていたからであって、この経験が無ければ@earthquake_jpを作っていなかったかもしれない。

そして東日本大震災をきっかけに自宅にシステムを置いておくことに不安を感じ、外部のサーバに配置するようにした。これは東海地震が発生し、被災した場合の事を考えての事ですね。

これから先もできる限り続けていきたいと思う、今日この頃でした。

地震予測についてのヒトコト言っておくか。

この記事は2011/8に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

普段は誰がいつ地震が起きると言っていても個人アカウントだったのでスルーしていましたが、仮にも地震botを名乗るアカウント「@eq_tokyo」が予測情報を投稿したのでイライラしていた。
もちろん、情報元のサイトが研究所等のサイトではないのではないかという苦言は他の方からも行っていたのでその点についてはあまり大きな反応をせずに@earthquakeで信頼性が低い情報という旨を投稿した。

しかし、本日(2011/08/31)になっても公式RTで予測情報を流していたので思わずカッとなって書くことにした。 ※自分は地震の専門家でもないし気象庁等の政府機関などと関係はありません。2007年から地震情報を流していただけの人です※ 続きを読む 地震予測についてのヒトコト言っておくか。

Twitterで地震速報を受け取ろう

この記事は2007/4に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

 

Twitterにはまりにはまっています。

さて、日本に住んでいる限りはどうしても地震に対して注意が必要です。実際に地震が発生した場合にはやはり震度等が気になりますね。そんなときにTwitterを使っているユーザーが簡単に震源区域、マグニチュード、最大の震度を受け取る事ができる様に、気象庁の地震情報をTwitterに流すようにしました。

続きを読む Twitterで地震速報を受け取ろう