悠希 のすべての投稿

AsakusaSatelliteをPassengerで動かしてみる。

この記事は2011/3に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

AsakusaSatelliteをまだ個人的な試用中ですが、期待ageしつつ実験してみました。

AsakusaSatellite は、開発者向けのリアルタイムチャットアプリケーションです。開発者間のコミュニケーション品質を向上し、ソフトウェア開発にリズムをもたらします

AsakusaSatelliteのページを参考にしつつ、Passengerで動くように設定していきます。

Passenger自体はredmine用に入れていたのを利用したので下記資料には書いていません。

また、筆者はruby環境についてはあまり詳しくないので、その辺を考慮に入れておいてください。


$ cd /vaw/www
$ git clone git://github.com/codefirst/AsakusaSatellite.git
$ cd AsakusaSatellite
$ cp config/filter.yml.example config/filter.yml
$ cp config/websocket.yml.example config/websocket.yml
$ cp config/settings.yml.example config/settings.yml
$ vi config/filter.yml
   1 - name: auto_link
   2 - name: redmine_ticket_link
   3   roots: 
   4   project: 
   5 - name: twitter_link
   6 - name: code_highlight_filter

$ vi config/websocket.yml
  1 roots: 0.0.0.0/satellite # AsakusaSatelliteのPassengerでマッピングするURL
  2 websocketPort: 18081
  3 httpPort: 18080
  4 use_rails_ssl: false

$ bundle install --path vendor/bundle
$ rake groonga:migrate RAILS_ENV=production
$ sudo chown -R apache:apache AsakusaSatellite

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

   #   ServerName_
      DocumentRoot /var/www/html
      RailsBaseURI /redmine
      RailsBaseURI /satellite
      ErrorLog /var/log/httpd/error.log
      CustomLog /var/log/httpd/access.log combined

         AllowOverride all
         Options -MultiViews

$ ln -s /var/www/AsakusaSatellite/public/ /var/www/html/satellite
$ sudo service httpd restart
$ ruby websocket/server.rb &

各リソースをgz圧縮して転送量を抑える

この記事は2011/2に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

ライブラリに関してはCDNのキャッシュを使う事も出来ますが、自作のライブラリやCSS等のリソースはCDNには登録されていないので
ファイルの転送サイズが膨れがちです。

そこで対応ブラウザの場合はリソースファイルをgz圧縮して転送するように設定する方法を備考録として書いておきます。

参考サイト

前提

転送数を減らす為にCSSとかJavaScriptとかで1ファイルにまとめられるものはまとめておく。

それに加えて圧縮をかける事により転送するデータ量を減らします。

また、gz圧縮できるアーカイバが必要。

ファイルの圧縮

まずは対象のファイルをgz圧縮します。

gz圧縮は1ファイルしか圧縮できない形式なので、まず、CSSやJavaScriptファイルを1つにまとめておきます。

別にまとめなくともこの手法は有効ですが、転送数が多いままになってしまうことと、読み込み方法によってはシリアルで読み込んでしまうのでまとめておく方が早いです。

まとめたファイルをgz圧縮します。自分の場合、windowsではExplzh、mac/linuxの場合はgzip -c [ファイル名] > [ファイル名].gzを使用しています。

.htaccessの作成

gzファイルが存在する場合はgzファイルを読み込むように設定をします。

最近は使えるサーバが多くなっていますが、mod_rewriteがサーバに入っていないと使えません。

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !.gz$
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}.gz -s
    RewriteRule .+ %{REQUEST_URI}.gz

    <FilesMatch ".html.gz$">
        ForceType text/html
        AddEncoding x-gzip .gz
    </FilesMatch>

    <FilesMatch ".txt.gz$">
        ForceType text/plain
        AddEncoding x-gzip .gz
    </FilesMatch>

    <FilesMatch ".js.gz$">
        ForceType application/x-javascript
        AddEncoding x-gzip .gz
    </FilesMatch>

    <FilesMatch ".css.gz$">
        ForceType text/css
        AddEncoding x-gzip .gz
    </FilesMatch>
</IfModule>

まず、mod_rewriteでgzファイルが存在する場合にはアクセスされたファイル名.gzを読み込むように切り替えています。

そして、FileMatchでファイル毎にMIME-TYPEとgzエンコードを指定しています。

これによってgz圧縮ファイルに対応しているブラウザの場合はgzファイルを読み込めるようになります。

更に高速化

これだけでファイルのサイズが下がりますが、キャッシュで持たせるようにしておきます。

これも.htaccessに記述する事によって利用可能です。

ExpiresActive on
ExpiresDefault "access plus 1 month"
FileETag None

ThinkPadのリカバリが見えなくなって修復した

この記事は2011/1に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

ざっとメモ。

IBM版だけどThinkpadにCentOSを入れてたが、MBRが書き換えられてしまってリカバリ領域が見えなくなったので無理やり。

grubのメニューまで行ったら矢印動かしたりしてブートを止める。
そしてcを押してコマンドラインモードに移行する。

そして下記の順にコマンドを実行したら無事リカバリが起動した。

grub> root (hd0,1)
grub> parttype (hd0,1) 0x0b
grub> unhide (hd0,1)
grub> chainloader +1
grub> boot

HTMLテンプレート作成ページ

この記事は2010/5に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

主に自分が仕事などで使うようにHTML5、HTML4.01(Strict、Transitional)のHTMLテンプレート作成ページを適当に作りました。

利用とか特に制限していないのでご自由にどうぞ
気が向いたら更新とかかけますので何か不都合でもあったらコメントしてください。

オレオレHTMLテンプレート作成機

「CSS Niteがらみ」で私が思う事。

この記事は2007/7に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

あの記事だけで終わらせようかと思っていましたが、飛び火しているのが気になるので書く事にしました。
結果、油を注ぐ事にならないように祈りつつ、今思う事を書いていこうかと思います。

擁護でも批判でも記事を書いてくださった方、ご遠慮なくトラックバックを投げてください。
もし「投げたけど、なんかエラー出たぞ」という場合にはコメントでご連絡ください。

事についてはHolyGrailさんがまとめてくださっています。
これまでの流れはそちらをご覧になって頂けると追いやすいと思います。

続きを読む 「CSS Niteがらみ」で私が思う事。

CSS Niteについて考えてみる

この記事は2007/7に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

注意:
この記事は個人的な考えで書いています。
誤りや勘違い等があるかもしれません。指摘をしていただけると助かります。

CSS Niteのターゲットは何処にあるのだろうか。

最近の有料版CSS Niteの参加金額を見てみると7,000円〜18,000円と学生にはとても厳しい金額である。「企業向け」として考えると結構低額ではあるが、個人向けだとすると少々大きい。
The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]の参加費用が1日10,000円、2日通しで18,000円。早くに申し込んでも16,000円である。人数の見込みは1,300〜1,500人となっているらしい。

続きを読む CSS Niteについて考えてみる

Safariでのcontentプロパティが文字化けするバグの対策

この記事は2007/5に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

caramel*vanillaさんを見ていて気づいたのですが、Safariでcontentプロパティに日本語を使うと文字化けします。

そこでweb creatorsの6月号を確認してみると、文字列をエンコードして設定してあげると良いと判りました。

続きを読む Safariでのcontentプロパティが文字化けするバグの対策

Twitterで地震速報を受け取ろう

この記事は2007/4に掲載されたものです。
記事の内容が古くなっている為、現状と異なる可能性があります。

 

Twitterにはまりにはまっています。

さて、日本に住んでいる限りはどうしても地震に対して注意が必要です。実際に地震が発生した場合にはやはり震度等が気になりますね。そんなときにTwitterを使っているユーザーが簡単に震源区域、マグニチュード、最大の震度を受け取る事ができる様に、気象庁の地震情報をTwitterに流すようにしました。

続きを読む Twitterで地震速報を受け取ろう